逮捕されたらどうなる?拘留から釈放、痴漢冤罪、盗撮冤罪など私選弁護士、国選弁護士について一連を解説。

弁護士に相談しよう!刑事事件編【釈放・不起訴】

弁護士に相談しよう!刑事事件編【釈放・不起訴】 | 逮捕されたらどうなる?拘留から釈放、痴漢冤罪、盗撮冤罪など私選弁護士、国選弁護士について一連を解説。

示談

盗撮冤罪の容疑をかけられた?盗撮ハンターとは

盗撮冤罪の容疑をかけられた?盗撮ハンターとは

電車内や駅で発生する刑事トラブルの中で、痴漢と同様に多いのが盗撮事件です。
通勤で電車を利用するビジネスマンの中にも、駅のエスカレーターでスマホを操作していたら前に立っていた女性ににらまれたとか、電車内で座ってスマホを触っていたら盗撮を疑われたという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

今回は、盗撮の冤罪をかけられた場合に、駅で取るべき対応について解説します。

盗撮冤罪事件が起こりやすい状況とは

盗撮の冤罪事件は、駅構内、特にエスカレーターで起こりやすい類型です。
反対に言えば、駅のエスカレーターや大型階段がある駅などは、盗撮スポットになっているところもあるので、私服の警察官が随時見回りをしている場所も少なくありません。
そのような場所のエスカレーターでスマホなどを操作していると、「ちょっと話を聞かせてください」などと腕を掴まれて盗撮を問いただされるケースが多くみられます。
仮に実際に盗撮をしていた盗撮犯の場合、このような流れから現行犯逮捕されるケースがほとんどです。

盗撮を疑われたらすべきこととは

盗撮を疑われたら、変に抵抗したり抗議するよりも、スマホを見せるのが一番の対応策です。
今見ていた画面に加え、必要であれば写真フォルダーまで見せると確実です。
相手が、女性本人や第三者であれば、疑いが晴れた場合はもちろん、しつこい場合も穏便にその場を離れて構いません。

もし相手が警察官の場合でも、スマホを見せるかどうかは任意ですが、盗撮を疑われた場合はスマホを見せて疑いを晴らすのが一番です。
高圧的に言われて不本意な場合でも、下手に抗議するよりもその場で見せる方が後々有利です。
というのも、抗議しているうちに興奮して相手を小突くなどすると、暴行の現行犯として強制的に警察に連行される恐れがあるからです。

場合によっては、スマホを見せても警察官が納得せず、スマホの提出を求める場合もあります。
自分が盗撮したのではなくても、盗撮画像をインターネットからダウンロードしたものを保存していたようなケースです。
この場合、警察から提出を求められても任意なので、嫌ならば応じなくて構いませんが、後から令状を持ってこられる場合もあります。
実際に盗撮をしたものか、ダウンロードした物かは調べればすぐにわかるので、差支えなければ先にスマホを提出をして疑いを晴らすのも一つの方法です。

但し、万が一、過去に出来心で盗撮をしたことがあり、その画像が残っているような場合は注意が必要です。
警察に任意同行を求められ、スマホの任意提出を求められて画像を解析され、場合によっては自宅に家宅捜索に入られてパソコンが押収されるなどの事態に発展することもあります。
盗撮は、痴漢と同じく各都道府県の迷惑行為防止条例で禁止された行為で、刑罰としては50万円以下の罰金や6か月以下の懲役刑などが定められていることが多いです。
性犯罪の類型の中では、比較的軽い罪とされていますが、盗撮の態様や余罪があった場合など、状況によっては初犯でも前科がつくことがある、軽く考えられる犯罪ではありません。

昨今大型駅で増加中 – 気を付けたい盗撮ハンター被害とは

「あなた、盗撮していましたね。」
「あなたが盗撮していた件で、ちょっと話があります。」

最近、駅でこのように盗撮犯に声をかけ、金銭を要求する盗撮ハンターが増えています。

まだ、都心部の大型駅での被害が目立っていますが、今後全国に広がる可能性があります。
以降、盗撮ハンターについて解説します。

そもそも盗撮ハンターは正義の味方か

盗撮ハンターとは、その名の通り、盗撮犯をハンティングする人の俗称です。
盗撮ハンターは盗撮犯に声をかけ、警察に通報する代わりにお金を要求する人たちのことです。

したがって、盗撮ハンターに声をかけられる人は、盗撮冤罪ではなく、真実盗撮をしていた人、盗撮犯ということになります。
実際に盗撮をしていた負い目があるので、お金を要求されても警察に通報する人は少なく、実際の被害がつかみにくいのが実情です。

盗撮犯を罰する盗撮ハンターは、一見正義の味方のようにも見えますが、その実は恐喝犯に他なりません
実際に盗撮した人が盗撮したことを反省し、盗撮ハンターにお金を払ったとしても、それが被害者にわたり被害弁償に繋がることはまずありません

盗撮ハンターの特徴とは

盗撮ハンターの中には、被害者の兄弟や関係者を名乗って慰謝料を要求するケースもありますが、実際に身内であるケースは稀です。
実際の盗撮ハンターは、利用者数の多い大型駅で、盗撮をしている素振りが見られる人を待ち構えていることが多いです。

盗撮ハンターには複数名でチームを組んでいるパターンも多く、複数人で盗撮している人を囲み、盗撮していた画像を証拠として押さえ、免許証を取り上げてコピーを取ったり、携帯番号聞き出すなどして、逃げられないように追い込むのが通常です。
盗撮した側としても、そのまま警察に行って逮捕されることは避けたいため、言うなりになりがちです。
盗撮ハンターは、その心情を利用して、今回の事件を示談で解決しようと持ちかけ、示談金を要求してくるのです。
示談金は数十万円から百万円を超えるといった、高額に及ぶケースが増えてきています

このように盗撮ハンタ-に示談金を要求された場合、どのように対応したらいいのか、悩む方も多いのではないでしょうか。
勿論、盗撮と言う犯罪行為をしたことは許されませんが、すぐに警察に行って自首をして、同時に盗撮ハンタ-の被害を訴えられれば良いですが、警察に行くことを悩んでいるうちに、盗撮ハンタ-の言うなりになってしまうケースも少なくありません。

盗撮ハンターにお金を要求された場合に知っておきたい対処方法

- 盗撮ハンターに高額の示談金を要求されたが、警察にいったら逮捕されるのではないか・・・
- ハンターに個人情報を取られてこれからどうなるか心配でたまらない・・・

盗撮は決して許されない犯罪です。
先述したように盗撮ハンターに示談金を払っても、なんの被害弁済にもなりません。
しかし、こわもての盗撮ハンターに脅され、持ち金だけではなくATMからあるだけのお金を降ろさせられたり、銀行までついてこられたりと、悪質な恐喝被害も増えています。
出来心で盗撮をしてしまい、反省しているけれど、盗撮ハンタ-による被害を警察に届け出るにも出られない、と悩む方はいると思います。

盗撮ハンターに高額の示談金を要求された場合の対応方法や、弁護士に頼んだ場合にできることを解説します。

警察にも行けない、盗撮ハンターに恐喝された場合の相談先とは

盗撮ハンタ-の被害に遭う人は、盗撮犯です。
つまり、盗撮の加害者でもあり、盗撮ハンタ-の恐喝の被害者でもあります。
本来なら警察に自首して、同時に盗撮ハンターの被害を訴えるというのが取るべき対応と言えますが、盗撮ハンタ-の要求は急なことが多く、その冷静な判断をさせないという特徴があります。

そこで、相談窓口として検討してほしいのがやはり弁護士です。
刑事事件を扱う弁護士は、主に加害者の弁護活動を扱っていますが、盗撮をしたことの今後の対応と、盗撮ハンタ-の被害への対応を、両方解決してもらえる可能性が高くなります
とはいっても、知り合いに弁護士はいないという人も多いと思います。
そのような場合は「盗撮 弁護士」などのキーワードで検索すると、盗撮事件を扱う弁護士がネットでヒットするはずです。
そのようにネットに情報をアップしている事務所は、法律相談をいちげんの相談者でも受け付けていることが多いので、まずは相談してみましょう。

盗撮ハンターにお金を要求されたらすべきこととは

盗撮ハンターが要求してくる示談金の金額は、数十万円から場合によっては数百万円と、非常に高額なことが多いです。
その場で持ち金を取られることがまず多いですが、その後追加で要求される分については、そのままATMに行ったりするのではなく、後日持参するなど伝えて、その間に弁護士に相談しましょう。

実際にあった盗撮ハンターとのやりとりでは、弁護士が代理人として示談金の受け渡しの場に出向き、恐喝行為に当たることを伝えて金銭の受け渡しを阻止したり、示談金の額を交渉して引き下げる代わりに、渡した個人情報をその場で削除させる、等の対応が取られたケースがあります。
盗撮ハンターは、いざとなると「自分は公の秩序のために行っている」と強く出てくることもあります。
そこで、こうした場での示談では、経験豊富な弁護士が「依頼者である盗撮犯には二度と盗撮をしない旨を約束させた」など、盗撮ハンターをたてるようにみせつつ、適切な内容で示談に持ち込むことが有効になります。

盗撮ハンターは、盗撮をした人の罪悪感と逮捕の不安につけいって高額の示談金を要求してきます
盗撮をしたことは十分に反省しなくてはいけませんが、謝罪すべきはハンターではなく被害者であることを念頭に置いて、盗撮ハンタ-の要求に屈しないようにしましょう
このように、警察沙汰になる前の事件でも、活動する弁護士は多いので、もし盗撮ハンターに金銭を要求されたような場合には、まず相談することをお勧めします。

*