逮捕されたらどうなる?拘留から釈放、痴漢冤罪、盗撮冤罪など私選弁護士、国選弁護士について一連を解説。

弁護士に相談しよう!刑事事件編【釈放・不起訴】

弁護士に相談しよう!刑事事件編【釈放・不起訴】 | 逮捕されたらどうなる?拘留から釈放、痴漢冤罪、盗撮冤罪など私選弁護士、国選弁護士について一連を解説。

逮捕・勾留・釈放

留置場で面会する方法とは-利用したい弁護士接見制度

留置場で面会する方法とは-利用したい弁護士接見制度

「身内が逮捕されたという連絡を受け、警察署に駆けつけたけれど面会させてくれなかった」
もしかしたら、そのような経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

逮捕後の状況によって、面会できる条件が異なります。
ここでは、刑事手続きの流れに沿って面会のルールについて説明します。

逮捕直後の面会

逮捕後72時間の逮捕期間中は、家族であっても面会することはできません。
この間、面会できるのは弁護士だけです。

弁護士に面会を依頼したい場合は、まずは面会してくれる弁護士を探す必要があります。
最近は、多くの弁護士や法律事務所がインターネットにホームページや広告を出しているので、検索してみましょう。
なお、被疑者段階でも国選弁護は付けられますが、一定の重い犯罪以上、総財産が50万円以下など成約があります。

勾留後の面会

勾留後は、接見禁止という処分がつかない限り、家族なども面会することができます。
共犯事件や、否認している事件では、証拠隠滅の恐れがあるなどと判断して接見禁止の処分がつきやすい傾向にあります。

ただし、一般の方の面会は、弁護士による面会と異なり、多くの制約があります。

面会日時
一般面会は平日に限られますが、弁護士なら土日祝日いつでもできます。

面会時間
一般面会は、9時から17時頃まで15分程度に限られますが、弁護士は早朝夜間でも何時間でも面会できます。

面会人数
一般面会は1日1組3人までですが、弁護士なら何人でも何回でも面会できます。

面会方法
一般面会には警察官が立会いますが、弁護士接見は被疑者と2人きりで面会できます。

接見禁止
一般面会は接見禁止がつくとできませんが、弁護士なら接見禁止がついても面会できます。

このように、弁護士の場合は一般の方にできないような時間帯、回数、方法で面会することができます。
逮捕されてどんな様子か分からないなど不安な場合は、弁護士接見を利用することをお勧めします。

*