逮捕されたらどうなる?拘留から釈放、痴漢冤罪、盗撮冤罪など私選弁護士、国選弁護士について一連を解説。

弁護士に相談しよう!刑事事件編【釈放・不起訴】

弁護士に相談しよう!刑事事件編【釈放・不起訴】 | 逮捕されたらどうなる?拘留から釈放、痴漢冤罪、盗撮冤罪など私選弁護士、国選弁護士について一連を解説。

逮捕・勾留・釈放

保釈と釈放の違い?保釈で釈放されるタイミングとは

保釈と釈放の違い?保釈で釈放されるタイミングとは

保釈」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。
しかし、保釈がいつから認められるかご存知でしょうか?

保釈とは

保釈は、逮捕後留置場生活が続いている人が起訴された場合に、保釈保証金を裁判所に納付することを条件に釈放される手続きのことを言います。
つまり、保釈釈放の手続きのひとつです。
逮捕直後は保釈はできず、起訴されて刑事裁判を受けることになって初めて、保釈釈放される可能性が出てくるのです。

保釈が認められる条件とは

保釈は放っておいても認められる訳ではありません。
保釈で釈放されるためには、保釈請求を行い、裁判官がこれを認めて保釈金の額が決まり、保釈金を納めて初めて釈放されるのです。

当然ですが、保釈請求をしたら必ず保釈が認められるというものでもありません
最初の裁判(第一審)の場合は、組織的な犯罪ではなく、本人も反省しているようなケースでは原則として保釈が認められますが、同種の前科がある場合や、重大な犯罪の場合、共犯者との口裏合わせが予想されるようなケースでは、保釈請求が認められないこともあります。

保釈の3つの種類と条件とは

保釈には大きく分けて①権利保釈②裁量保釈③職権保釈という3つの種類があります。

①権利保釈

権利保釈とは、次の6つの条件全てに該当しないケースに当然認められる保釈です。
・死刑、無期又は短期1年以上の懲役、禁錮にあたる罪を犯したものであるとき
・前に死刑、無期又は長期10年を超える懲役、禁錮にあたる罪につき有罪の宣告を受けたことがあるとき
・常習として長期3年以上の懲役、禁錮にあたる罪を犯したものであるとき
・罪証隠滅のおそれがあるとき
・被害者その他事件の関係者やその親族の身体や財産に危害を加えたり、これらの者を畏怖させる行為をするおそれがあるとき
・被告人の氏名又は住居が分からないとき

②裁量保釈

裁量保釈とは、権利保釈の6つの条件のどれかに当たる場合でも、裁判所が事情を考慮して保釈すべきと判断した場合の保釈です。

③職権保釈

職権保釈とは、勾留による拘束が不当に長期化した場合に裁判所が認める保釈です。

*